幼稚園教諭になるための方法|大学を卒業して免許状を取得できる

レディ

言葉のリハビリのプロ

男女

音声機能や言語機能、耳や食べ物の飲み込みに障害を持っているという人のリハビリをおこなうのが言語聴覚士です。言語聴覚士になるためには養成課程のある大学や専門学校に通わなくてはいけません。

詳しく見る

必要な課程を学ぶ

勉強

子どもと関わりのある仕事をしたいと考えている人は少なくありません。子どもたちと触れ合える仕事はたくさんありますが、その中でも集団生活の基礎を教えることになるのが保育士や幼稚園教諭といえるでしょう。保育士の場合は0歳から小学校入学前の乳幼児を対象に保育を行なっています。子どもを預かることに重点を置いている職業です。一方、幼稚園は満3歳から小学校入学前の子どもに必要な教育を行なうことを目的とした職業です。集団生活のルールや勉強以外の基礎的なことを幼稚園で教われば、小学校で困ることはないでしょう。そんな子どもたちにとって大切な時期を一緒に過ごす幼稚園教諭になるためにはどんな方法があるのでしょうか。幼稚園教諭になるためにはまず、短大や大学、大学院で所定の課程を学んで卒業しなくてはいけません。また、保育士として3年以上の実務経験がある人は幼稚園教諭の免許状が取得できる教員資格認定試験を受けることができます。
短大では2種、大学では1種、大学院なら専修という幼稚園教諭の免許状が取得できるでしょう。これらの免許状の違いで業務が異なることはありませんが、給与や待遇の面で違いが出てきます。それぞれの方法で幼稚園教諭の免許状を取得したあとは各幼稚園の採用試験を受けることになります。効率の幼稚園なら各市町村で受け、私立の幼稚園ならそこで受験ができるでしょう。試験内容は筆記試験や面接だけでなく音楽のように実技を試されることもあるのです。幼稚園と保育園を一体にした施設も増えているので、両方の資格を持っていたほうがいいでしょう。

資格を取る方法

保育士

待機児童で問題になっているのが保育士です。保育士になるためには大学や短大、専門学校に通うか、資格取得のために試験を受けるかのどちらかになります。一般的な方法は前者の方でしょう。

詳しく見る

人数に合わせて必要になる

PCと教科書

国家資格の1つで50人以上の人が働くところで必要になるのが衛生管理者です。衛生管理者には二種類のものがあり、どんな事業所でも働くことができるものを第一種といいます。

詳しく見る